cinefil BOOK 刊行記念トークイベントに弊社辻が登壇いたしました!

みなさまこんにちは。広報担当です。

昨日行われましたcinefil BOOK刊行記念トークイベントに、弊社代表辻が登壇いたしました!

さっそくこちらをレポート!

 

●cinefil BOOKとは…?

人気のwebマガジン「cinefil」が初めて書籍化。
映画監督・谷健二が編集長を務め、特集『映画の「現在」! 』と題し、2018年上半期の話題の映画13本をピックアップするとともに、映画業界のキーマン37人が語っている。そんなcinefil BOOKに名を連ねる様々な映画関係者が登壇した本イベント。

今回、cinefil BOOKに弊社代表辻の寄稿の掲載だけでなく、映画「Noise」の紹介と松本監督・小橋賢児さん・banvoxさんのインタビュー記事も掲載頂いてます。

 

会場は渋谷の東京カルチャーカルチャー。

cinefilBOOK

ドリンクを飲みながら、ご飯を食べながらトークを聞くというスタイルで、登壇の方もお酒を飲みながら話をしていた方もちらほらいらっしゃいました。

 

新作映画の紹介では、予告編上映後に、宇賀那健一さん(映画監督)・二ノ宮隆太郎(映画監督)
尚玄さん(俳優)・仁科貴さん(俳優)・谷健二さん(cinefil BOOK編集長/映画監督)が登場。映画制作の裏側のクリエイター目線での熱い話が繰り広げられました。

続いて俳優さんたちを集めたトークパートでは、中野マサアキさん・森本のぶさん・大塚ヒロタさん・橘美緒さん・渋江譲二さんとともに、映画紹介でも登壇していた尚玄さん・仁科貴さんも登壇し、こちらは演じる目線でのトークが盛り上がっていました。

そして最後に映画製作に係るメンバーを集めたトークパートでは、梶原涼晴さん(アクターズクリニック代表)・岩上紘一郎さん(キャスティングディレクター)・伊藤崇行さん(mirroRliar事業責任者)・J.K.Wangさん(映像ディレクター)とともに、弊社代表 辻が登壇!

 

MCジェントルさんがcinefil BOOKに書いてある内容を話に盛り込んでいることもあり、本に書いてある内容をお客様の前で登壇中にもかかわらず、読んでしまうのは弊社代表辻ならでは。笑

cinefilBOOK

(右からジェントルさん(MC)・梶原涼晴さん・岩上紘一郎さん・伊藤崇行さん・J.K.Wangさん・弊社代表辻)

 

もちろん、映像制作に関する質問が振られた際は、今行っている事業に関することや動画制作に関する辻の思いを聞いてくださっているみなさまにきちっと伝えていました!

cinefilBOOK

 

今後の映像業界を引っ張っていく方々のお話はどのお話も興味深く、映画ファンは満足できたトークイベントになったのではないかと思います!

 

 

映画の現在〜2018年上半期の話題の映画13本をピックアップ!〜
「cinefil BOOK」刊行記念トークイベント!

場所:東京カルチャーカルチャー
http://tokyocultureculture.com/access

OPEN:18:30
START:19:00
END:22:00

MC:ジェントル

●cinefil紹介
角章(cinefilブランディングディレクター)
睡蓮みどり(女優・文筆家)

●新作映画紹介
宇賀那健一(映画監督)【サラバ静寂】
二ノ宮隆太郎(映画監督)【枝葉のこと】
尚玄(俳優)【ココロ、オドル】
仁科貴(俳優)【ココロ、オドル】
谷健二(cinefil BOOK編集長/映画監督)【一人の息子】

●俳優について
中野マサアキ(俳優)
森本のぶ(俳優)
大塚ヒロタ(俳優)
橘美緒(女優)

●映画製作について
梶原涼晴(アクターズクリニック代表)
岩上紘一郎(キャスティングディレクター)
伊藤崇行(mirroRliar事業責任者)
J.K.Wang(映像ディレクター)
辻慶太郎(株式会社vivito代表取締役)

●交流会

 

cinefilBOOK、ぜひご覧ください!!

 

>>>トップページ