「HelloVideo!」と「Audiostock」が、映像制作を快適にするために共同でキャンペーンを実施!

動画レビュー・プレビューサービス「HelloVideo!」を運営する株式会社vivito(代表取締役社長:辻 慶太郎、本社:東京都渋谷区、以下vivito)は、音楽の使用権をオンライン上で売買できるサービス「Audiostock(オーディオストック)」を運 営する株式会社クレオフーガ(代表取締役:西尾周一郎、本社:岡山県岡山市北区、 以下クレオフーガ)と共同で、2019 年 3 月 15 日(金)~ 4 月 12 日(金)に 映像クリエイターを対象とした制作支援キャンペーンを実施いたします。

■『動画レビュー』×『音源調達』で、快適な制作フローを実現

動画市場はさらなる成長が見込まれており、制作の現場ニーズも日々高まっています。
同時に現場では、よりスピーディ且つハイクオリティな動画が求められるようになりました。

求めていた音源を調達できる、音楽著作権プラットフォーム「Audiostock」と、クライアントからのフィードバックが一目で確認できる、動画レビューサービス「HelloVideo!」はこの度、快適な制作フローの実現のために共同キャンペーンを実施します。
このキャンペーンにより、もっと面白く、もっと心地いい制作を実現します。
「年度末の忙しい時期に、映像制作をもっと効率的に行いたい」「音楽の選定をもっと多様化したい」
そんな方はこの機会に是非、サービスをご活用ください。

■キャンペーン実施概要

・キャンペーン特設ページ:https://hello-vi.com/audiostock/
・応募期間: 2019 年 3 月 15 日(金)~ 4 月 12 日(金)
・概要:期間中にHelloVideo!とAudiostock両方のサービスにユーザー登録(無料)をしたユーザー へ抽選で下記の特典をプレゼントいたします。
<特典>
・抽選で100名様にHelloVideo!ライトプラン(通常980円/月)3ヶ月分
・抽選で10名様にAudiostockで使えるプリペイド1万円分(総額10万円分)
・応募方法: 「HelloVideo!( https://hello-vi.com)」および「Audiostock( https://audiostock.jp/ )」の両方に会員登録(無料)をしていただき、下記フォームからご応募ください。
<キャンペーン応募フォーム> https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfImLo0cbXHdQv8Zw5v7YboaiyvMPcrWGoXCu Pv6pG9iSjBsw/viewform

■動画レビュー/プレビューサービス『HelloVideo!』について

急拡大するデジタル動画市場において、最適化された制作・運用サービスを実現するためのコミュ ニケーションプラットフォーム。
「世界に驚きを!と考えるクリエイターのマストアイテム」として、現在は動画レビュー/プレ ビューサービスをリリース中。 今後はエンタープライズ版をリリース予定。機能も随時強化中。

『HelloVideo!』 https://hello-vi.com

■ストックミュージックサービス『Audiostock』について

音楽の使用ライセンスを売買できるサービス。クリエイターは自身で制作した音楽を登録して使用権を販売することができ、売上に応じた印税を受け取ることが可能に。
顧客は 購入手続きを行うだけで音楽の利用許諾を得ることができ、映像・ゲーム・アプリ等の商用コンテンツに音楽を組み込むことができる。

『Audiostock』 https://audiostock.jp/

【株式会社vivito 会社概要】
社名      株式会社vivito
代表者     代表取締役 辻 慶太郎
所在地     〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-36-8 B棟
設立年月日   2011年9月1日
資本金     1億6098万5千円(資本準備金含む)
事業内容    デジタル動画制作・動画レビュー/プレビューツール・ロケマッチングサービス

【株式会社クレオフーガ 会社概要】
社名      株式会社クレオフーガ
設立      2007年10月11日
代表者     代表取締役 西尾 周一郎
資本金     3億355万円(資本準備金含む)
主要株主    経営陣 ピクスタ株式会社 株式会社広島ベンチャーキャピタル 株式会社スペースシャワー ネットワーク
本社      岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号 岡山大インキュベータ211号室
東京オフィス  東京都品川区西五反田7丁目11-1 第五花田ビル2F
社名の由来   ラテン語で”創造”という意味の「CREO」と「FUture Generation Arts=次世代の芸 術」の頭文字をとった「FUGA」という言葉を合わせた造語で、”新しい時代の芸術を創造していく” という思いが込められています。