vivito 豆知識 vol.2   ーvivitoで言う「デジタル動画」って何??ー

みなさま、こんにちは!広報担当です。

先日の「プラットフォームって何??」に続いて、第二弾!

「デジタル動画って何??」をお送りします!

 

 

まずは辞書から確認!

デジタルビデオ(Digital Video)はその名の通り、デジタル方式でビデオ信号を記録するビデオ録画手法。また、デジタル化されたビデオ信号の規格については動画圧縮のコーデックを参照されたい。なお、DV は特定のデジタルビデオ規格名である。(Weblio辞書より転載)

なんだか難しそうな記載です…。汗

そして、一般的に使われている「デジタル動画」=「デジタル領域で利用する動画」が多いように感じています。その理由としては、「デジタルメディア」のデジタルの意味を使われていることが多いからであると考えられます。

デジタルメディアは、機械による読み取りが可能な記録形式でコード化された全てのメディアのことをいう。デジタルメディアはコンピュータ上で作成、閲覧、配信、修正、保存可能である。コンピュータプログラムやソフトウェア、デジタル画像、デジタル動画、ウェブページやサイト(ソーシャルメディアを含む)、データやデータベース、デジタル音声(MP3など)、電子書籍はデジタルメディアの例である。デジタルメディアは、印刷メディア、書籍、新聞や雑誌、また他の伝統的すなわちアナログメディア(写真やフィルム、音声テープなど)と対比されることが多い。(wikipediaより転載)

vivitoでも「デジタル領域で利用する動画」をデジタル動画としております。

そして、「CRLUO(クルオ)」は「デジタル動画」に特化したプラットフォームなのです!

デジタル動画はTVCMなどに比べ、消耗スピードが非常に早く、効果的に運用を行うためにはWEB動画の消耗タイミングを逃さず進めていくことが重要です。

…ここからはちょっとだけ「CRLUO(クルオ)」をご紹介^^

「CRLUO」では、こんなデジタル動画を作ってます!

・WEBCM

・企業のブランディングムービー

・商品やサービス紹介動画

・リクルート向け動画

・SNS動画(FaceBook/Instagram/twitter/YouTubeなど)

・ライブ配信

・企業の社内教育動画

・企業の営業支援動画

・ニュースサイト動画

・レシピ動画

・デジタルサイネージ動画

…などなど、あげればきりがないほど様々な種類の動画を取り扱っています!

(デジタル動画以外でTV向けコンテンツ制作も制作可能です!)

 

動画のスタイルも、

・実写

・アニメーション

・CG/3DCG

・VR

・360°

・プロジェクションマッピング

などなど、様々なスタイルに対応しています!

なぜそんなに多くの種類の動画を制作できるのかというと…

多くのクリエイターさんが登録してくださっているからです!!

その数なんと……1200名以上!

 

多彩なクリエイターが多数いるからこそ、多くの動画に対応できるのです!

そんなクリエイターとクライアントの制作をサポートするのが、CRLUO(クルオ)の動画プランナーたちなのです!

 

詳しくはこちらをチェック→ https://crluo.com/

 

デジタル動画っていうとイメージはつけやすいものの、とても幅広いですね!

以上「デジタル動画って何??」でした!

 

 

>>>トップページ